fixtar

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろいコピペがあったら貼るスレinマ板part1 その2

おもしろいコピペがあったら貼るスレinマ板part1 その1

72 :仕様書無しさん :2006/04/13(木) 00:07:50
いいか、みんな
      ( ゚д゚)
     (| y |)


    サンポール (゚д゚ ) ドメスト
       \/| y |\/


             °。o
        ( ゚д゚) 。o°o。
        (\/\/


     =(_)○_
         く

73 :仕様書無しさん :2006/04/13(木) 12:42:14
混ぜるなwwwwwwww

79 :仕様書無しさん :2006/04/20(木) 08:52:23
148 :番組の途中ですが名無しです :2006/04/19(水) 09:55:17.14 ID:3m5TO5wf0

俺の彼女かなり頭悪い。

Hしてるときに、おっぱいを揉もうとすると、なぜか必死で拒否されて、

乳首つまんだり、マムコやアナルに指入れるのはぜんぜんOKなのにパイモミだけは全力で抵抗された。


あとでその理由を聞くと、どうも乳ガンに関する情報を本で読んだらしく、

「乳ガンは男性にもまれながら発生する」と書いてあったから、だと。


男性にも、まれながら・・・だろ・・・・orz

83 :仕様書無しさん :2006/04/24(月) 13:59:47
939 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/09/16(金) 16:47:50 ID:ooqykwJF0
暇ならこのプラモ、組み立てといて
    ┏━┳━━┳━┓
    ┣つ--  ('A`) .┫
    ┣━╋━━╋━┫
    ┣でぷ )   / ┫
    ┣┳┻┳┳╋━┫
    ┣ ノ  ヘヘ┫ | | .┫
    ┗┻━┻┻━┻┛

943 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/09/16(金) 17:26:53 ID:Bg1de5ZL0
 ('A`)
┗╋┓
┏┻━

84 :仕様書無しさん :2006/04/26(水) 08:43:32
親父から「早く孫の顔が見たい」と言われたから
ズボンとパンツを脱ぎ
自分の息子をぶらぶらさせながら
裏声で「オジイチャン!」と言ったら殴られた

87 :仕様書無しさん :2006/05/10(水) 19:31:07
面接官「特技はウリアッ上とありますが?」
学生 「はい。ウリアッ上です。」
面接官「ウリアッ上とは何のことですか?」
学生 「ザンギュラの必殺技です。」
面接官「え、ザンギュラ?」
学生 「はい。ザンギュラです。圧倒的なパワーで相手を粉砕します゜」
面接官「・・・で、そのウリアッ上は当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
学生 「はい。欧り合いになっても守れます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに人に危害を加えるのは犯罪ですよね。」
学生 「でも、しゃがみ大パンツにも勝てますよ。」
面接官「いや、勝つとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
学生 「相手の目が潰れてしまうんですよ。」
面接官「ふざけないでください。それに目が潰れてしまうって何ですか。だいたい・・・」
学生 「格闘アクジインの起必殺技です。ユンボとも書きます。見よ!この威力!!」
面接官「見えません。帰って下さい。」
学生 「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。タイガーウッポーカット。」
面接官「いいですよ。使って下さい。タイガーウッポーカットとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
学生 「運がよかったな。今日のお前は運が悪いようだ。運がよかったりする。」
面接官「掃れよ。」

88 :仕様書無しさん :2006/05/11(木) 19:35:06
ある所に少年がいました
寝てる時に不思議な力を授かった少年は言葉で人を殺す事が出来る様になりました
幼い彼に罪の意識等ある筈も無く・・彼は自分が気に入らない人を簡単に呪いの言葉で殺してしまいます

先生に怒られた彼は先生に呪いの言葉を
「死んじゃえ!先生なんて死んでしまえば良いんだ!」
するとどうでしょう、先程まで怒ってた先生は突然苦しみだし死んでしまいました

一部始終を見ていたクラスメート、A君が叫びます
「アイツには近付かない方が良い!」
彼は再び呪いの言葉を唱えます
「僕の事を嫌うAなんて死んじゃえ!」
何と言う事でしょう・・
真っ青になって怯えたA君はそのまま倒れ込み二度と起き上がる事はありませんでした

誰もが思っていても、もう口に出す事はありません
「彼の機嫌を損ねない様にしよう・・」
クラスメートが黙っているので、先生とA君の突然死は謎のまま
彼の仕業である事に大人は気が付きませんでした

89 :仕様書無しさん :2006/05/11(木) 19:35:39
幼い彼は自分が特別な力を手に入れた事で有頂天です
浮かれ過ぎた彼は帰宅して、毎日する様に言われているウガイと手洗いをするのを忘れてしまいます
目ざとくそれを見付けたメイドのBさんは注意をします
「坊ちゃん、ウガイと手洗いをしないといけませんよ」
幼い彼は機嫌が良い時に注意された事を怒りました
「僕に口うるさく言うBなんて死んでしまえ!」
ああ・・何故神はこの子に悪魔の力を授けたのでしょうか
Bは驚いた顔のまま床に倒れ込み死んでしまいます

偶然にも陰から見ていた母親は驚き急いでBの元に駆けつけました
死んでる?何故・・
その時彼は笑顔で母親に話し掛けます
「やぁ、今の見てた?僕がやったんだよ」
母親は我が耳を疑いました、私の子が?信じられないのも当然です
彼に聞きました
「僕ちゃん、それは本当?」

90 :仕様書無しさん :2006/05/11(木) 19:36:10
幼い彼は自分の母親に信じて貰えない事に大層傷付きました
そして例の如く・・
「僕の言う事を信じてくれないママなんて・・死ねば良いんだ」
おお・・ジーザス!何て事でしょうか
彼がその言葉を吐くと同時に母親は後に倒れてしまいました
「あ!・・」彼は自分のした事を悔い、母親の側に駆け寄ります
既に息はありません、彼は泣き叫びました
「ママ~、ゴメンよ・・ママ~」勿論返事はありません
彼は自分の力の恐ろしさにやっと気付きました
もう二度と使わないと自分の心の中で固く誓います

母親の葬式も無事に終わり、父親は悲しみの底から抜け出せずにいます
毎日酒を飲み、いつしか仕事に行く事も止めてしまいました・・
「何で俺の妻が・・何故だ」
そんな父親の姿を見ていた幼い彼は思います
正直に打ち明けて謝ろう、と

「パパ・・話があるの」ある日の夕食時彼はそう話掛けました
少しの沈黙の後
「話って何だい?」
と父親は返答します

91 :仕様書無しさん :2006/05/11(木) 19:36:43
「あのね・・ママを殺したのは実は僕なんだ」
また少しの沈黙の後
「何だって?今何て言ったんだ?」
父親は動揺を抑える様に、そう返しました
「実は僕には不思議な力があって・・・」少年は今まで起きた全ての事を正直に打ち明けます
今度は間髪入れず
「何てこった!お前は悪魔だ!」思わず父親は叫びました
少年は実の父親にそう言われた事を、深く・・深く嘆き悲しみます

「そんな事を言うパパなんて死んじゃえ!」
つい彼の口から呪いの言葉が出てしまいました
しまった!そう思った時には既に遅く、父親は・・
何たる事か、奇跡です・・奇跡が起こったのです
父親は今までの人と違い生きてます、生きていて少年を怒ります
「何て事を言うんだ!」
怒られた彼は不思議に思いながらも、こう考えました

「きっとママの時にもう二度としないって誓ったからだ、不思議な力が無くなったんだ」
彼の顔は怒られているにも関わらず笑顔です
父親も自分が生きてる事で、彼の話がウソだったと考えます
「子供の言う事を間に受けてどうかしてたな・・」
 
 
隣の家の旦那が死んだ

96 :仕様書無しさん :2006/05/12(金) 12:38:58
男が医者の所へ行った。
「困ってるんですけど、先生。笑わないって約束してくださいよ」
「もちろん、笑ったりはしない。絶対に笑ったりはしない。もう20年以上も医者をやっているけど、患者を見て笑ったりしたことは一度もないから安心しなさい」
「わかりました。それじゃあ」
と言いながら男はズボンを降ろした。
すると医者の目に入ったのは、今まで見たこともないような小さな小さなオチンチンだった。
医者は一生懸命我慢したのだけれど、ついに笑い出してしまった。
最初はおとなしく、だんだんとバカ笑い。
5分ほどするとようやく収まったので、涙を拭きながら言った。
「どうも、失礼しました。もう絶対笑いませんから・・・」
医者は患者の男に謝った。
「ところで、どうなさったんですか?」
男は、医者を見上げて悲しそうな目をして言った。

「チンチンが、腫れてしまったんです」

99 :仕様書無しさん :2006/05/18(木) 15:10:33
「お金なんか無くてもいいんです。私も頑張って働きますし。」
「身長だって低くても全然OKです♪ もともと私が高い方だから、私より
 高い人って高すぎでしょw」
「私、尽くしますよ。お料理好きだし、子供だって大好き♪」
「浮気? ぅ~ん・・して欲しくはないけど・・まぁ私にわからないようにだったら
 いいかなぁ? 最後は私のところに戻ってきてくれれば・・・」

理想の女キタ━━(゚∀゚)━━!!  「お、俺と付き合って下さい!!」

「ゴメンなさいっ! ハゲの人だけは嫌なんですっ!!!」

33歳の初夏、人生\(^O^)/オワタ 

101 :仕様書無しさん :2006/06/04(日) 14:10:55
【指名手配】
黒い三連星(別名:平成の三極悪人
得意技:ジェットストリームアタック(別名:敵対的買収)

   ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ     /⌒`⌒`⌒` \      / ̄ ̄ ̄`⌒\
  ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡    /           ヽ    /          ヽ
   l  i''"        i彡  (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )   |  _,_ _人_   .|
  .| 」   /' '\  |   ヽ/    \, ,/   i ノ    ヽ|´ ┏━ ━┓`i /
  ,r-/    (・), 、(・)  |    |   <・>, <・>   |     .|  《・》 《・》  |
 l       ノ( 、_, )ヽ  |    | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|    (6|   ,(、_,)、.  |6)
 ー'    ノ、__!!_,.、.  |    ヽ   ト=ニ=ァ   /     .ヽ  トェェェイ  /
 ∧     ヽニニソ   l     \.  `ニニ´  /        ヽ. ヽニソ /
    ヽ.  `ー--一'  .ノ       ` ┻━┻'           `ー一'
      逮捕済                           取調中
  ご協力有り難うございます                しばらくお待ちください

103 :仕様書無しさん :2006/06/20(火) 09:37:50
┌────┐
|××××|
|××××|             横から見るとそれほど差は無い
|××××|             むしろ柳沢がゴールを決めたようにも感じられる
|××××|
|××××| (゚д゚)            (∀`)
|××××| (┘)┘          (  )ヽ
|○三三三|三 >> 三三三三三三三Σ ノ \
└────┴──────────────────
          GK            柳沢

105 :仕様書無しさん :2006/06/20(火) 12:27:55
397:名無しさん@恐縮です :2006/06/19(月) 16:38:15 ID:VGz4ek/O0 [sage]
FW 柳沢様

いつも大変お世話になっております。
右サイドを担当しております加地です。

唐突ではありますが、ゴール前にパスを出させて頂きたく
メールさせて頂きました。
ドリブル突破からワンツーを行いキーパーを引きつけた状態にて
ボールをお渡しいたしますので、ゴールを決めて頂けないでしょうか?

ご多忙の折、恐縮ではありますが、
何卒、よろしくお願い申し上げます。


822:名無しさん@恐縮です :2006/06/19(月) 16:52:54 ID:r2OmYBjeO >>397
SB加地様
御丁寧なお手紙ありがとうございます。
暑さのたぎるピッチの上で縦横無人に駆け回るあなた様のお姿、いつも頼もしく拝見為ております。

さて、お手紙の件ですが、あなた様からの素晴らしいパスをお受けしたいのはやまやまなのですが、
本来、私はゴール前ではパスをするのが習慣となっており、また私はFWにあってFWに在らず、ゴールというものにあまり興味がありません。
ですので誠に勝手ながら、今回のパスはクリアさせて頂きます。

大変恐縮ではありますが、これをもって御返事とさせて頂きます。

日本代表FW
柳沢

106 :仕様書無しさん :2006/06/21(水) 23:16:25
 柳沢
              ↓
|                  ■|<ヨッシャアアア!!
|                  ■|  
|                  ■| 
|                  ■|   
|                    |  
|                    | 
|□□□□□□□□□  |  
|□□□□□□□□□  | 
|□□□□□□□□□  |
|□□□□□□□□□  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|                    |
|                    |  
|                    | 
|                    \
|                      
|                  |\■
|□□□□□□□□□  |   ■
|□□□□□□□□□  |    ■
|□□□□□□□□□  |     ■
|□□□□□□□□□  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

110 :仕様書無しさん :2006/06/23(金) 16:26:46
白いPCケースををペンキで黒く塗ろうとしてスプレーのペンキを買ってきた。
しかし、スプレーを使い慣れていないのでうまく塗れない。
スプレーより筆で塗った方がいいような気がしてきた。

我ながらに考えたのはスプレーの中にはペンキの液体が入っているのだから、
それをこのスプレー缶からなんとか出して筆で塗ろうと。
迷わず、台所にいき、取り出してきたのは缶きり。
裏から缶詰めのように開けたら楽勝♪

ブシっと刃を刺すと
すごい勢いで私の手から離れ、ペンキをまき散らしながら部屋中を
カーン!ゴン!ガッガーン、ゴン、ガン!カーン!
カン!ゴゴン!ゴン、ガン!カーン!
とテーブルや水屋や冷蔵庫にぶつかりながら、スプレー缶は飛び回りました。
どうすることも出来ず、、、立ち尽くす私。
ようやく収まった時は台所は真っ黒になってました。

「ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?
ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?
ピコピコ、ガスが漏れてはいませんか?」
空しくひびくガス警報機のおねいさんの声・・・。

その直後に帰って来た祖父は、真っ黒な台所と、これまた真っ黒になった私を見て腰を抜かしてしまいました。
修羅場だったと思います。

112 :仕様書無しさん :2006/07/01(土) 11:47:58
246 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/01(土) 11:33:17 ID:d1z2e2O1
267 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日:04/07/16(金) 22:13 ID:c7TiI6wx

 〇  〇
@@@@
 八  八

268 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日:04/07/16(金) 22:22 ID:5t6nmvQd
>>267
なによ、その変なコスチュームは。ふざけてるの?

269 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日:04/07/16(金) 22:35 ID:kXUYtX9+
でも特徴捉えてるw

270 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日:04/07/16(金) 22:49 ID:CnocI1Qk
L・O・V・Eの4パターン作ってくれ

274 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日:04/07/17(土) 00:03 ID:bSossqio

   @      @@   @    @   __@
   |      /⌒ヽ   ヽ   /   |__。
   |。___@  \。ノ   ヽ。/    |__@
                   
   八      八     八     八
247 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/01(土) 11:38:55 ID:4UunBKVA
>>246
ちょwwwEがwwwww

114 :仕様書無しさん :2006/07/05(水) 17:46:51
「おにいちゃんやめて! そんなとこ舐めちゃだめ!
そこはおしっこするところよ、きたないわ!」
妹は泣きながら言ったが、ぼくは便器を舐め続けた

116 :仕様書無しさん :2006/07/10(月) 14:57:36
132 2005/08/16(火) 23:08:13 ID:84y8ovFf0
最近見かける(´・ω・`)←これの
口の部分ってどうタイピングすれば出るんだ?

137 2005/08/16(火) 23:13:19 ID:er9boVSk0
>>132
おめが
↓変換
ω

139 2005/08/16(火) 23:14:47 ID:84y8ovFf0
>>137
(´・Ω・`)サンクス

144 2005/08/16(火) 23:25:10 ID:er9boVSk0
>>139
それ大文字です。

120 :仕様書無しさん :2006/07/17(月) 12:05:21
高度3000:パラシュートと思って背負って飛び出したら弟のリュックサック。

高度2000:一応紐を引っ張ってみると、リュックから弁当が出てくる。

高度1500:使えるものがないかリュックの中身を調べ始める。

高度1400:ビニールシートを見付け、ムササビの術を試みるが、シートのサイズが思いの外小さく断念。

高度1000:リュックのなかに携帯を発見。Fedexに電話するが、イタ電するなと怒られる。

高度600:折畳み傘発見。開いてはみるものの、案の定傘は裏返る。

高度100:弁当を食べることにした。

高度0  :合掌

124 :仕様書無しさん :2006/07/27(木) 00:24:26
大喧嘩した次の日、ぶっきらぼうに弁当を渡されて
「行ってきます」って俺の言葉も無視しやたった嫁に、ますます腹が立った。
でも、昼に弁当箱を開けたら、俺の好きな食べ物だらけ。
もう本当にアイツは不器用だな、悪いとは思ってんだろうな、謝るのが悔しいんだろうな、
とか思ったら、可愛くてさ「弁当まじ上手かった、お前は馬鹿だな」とメールした。
で、夜帰ってきたら、これまた豪華な夕飯なわけよ。
ケーキまで焼いてる始末。可愛いから、喧嘩の内容は俺は悪くないと思ってたけど
「昨日ごめんな」って言ったら、涙ぐんで「本当よ!ちゃんと反省してね」とか言っちゃってさ、
偉そうだったのでムカついたから殴った。

127 :仕様書無しさん :2006/07/28(金) 13:44:27
200 :名無しさん@恐縮です :2006/07/28(金) 07:35:38 ID:ShxSdidoO
しこしこジャパンならオレも代表入りだったな


201 :名無しさん@恐縮です :2006/07/28(金) 07:36:34 ID:fhtN1Nvu0
>>200
お前は井の中の蛙だってことを全く解ってない

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fixtar.blog70.fc2.com/tb.php/47-1d6e99c0

 | HOME | 

当ブログについて

アンテナに追加

全アクセス



アクセスランキング

クリックで救える命がある

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。